風起花抄 ドラマ16・17・18・19・20話あらすじとネタバレ

風起花抄 0 あらすじ

中国ドラマ「風起花抄(ふうきかしょう)宮廷に咲く瑠璃色の恋」16・17・18・19・20のあらすじ紹介と感想です。

ドラマのヒロイン・琉璃(るり)は、唐の時代に実在した女官・華陽夫人 庫狄(こてき)氏がモデル。

琉璃は母が濡れ衣で命を落とし後宮で育てられました。孫徳成たちの協力で琉璃は宮殿を出ました。

卓錦娘は潘内侍に豆子を処刑して欲しいと言いますが。潘内侍は豆子にはそこまでの罪はないといって断ります。そこで卓錦娘は魏林を呼び出して暗殺するよう指示しました。

魏林は豆子が桂花糕を好きな事を聞き出し、毒入りの桂花糕を差し入れとして豆子に届けました。ところが桂花糕をうけとった獄卒は豆子に渡さず自分で食べてしまいます。

皇太子の李治は豆子が皇太子の危機を知らせるために宮殿に戻ってきたこと、その豆子が囚われていることを知ります。

そして皇太子は豆子を救い出すために幽閉場所にやってきました。すると突然獄卒が倒れて死亡してしまいます。他の獄卒は差し入れの桂花糕を食べたからに違いないといいます。李治は豆子を救出、東宮へ連れて行こうとしますが豆子は符禄院に戻っていきました。

一方、卓錦娘は自分が毒殺を指示したのがバレないようにするため魏林を呼び出して・・・

番組情報

原題:風起霓裳
英語:Weaving a Tale of Love
2021年、中国
全40話

原作小説:「大唐明月」
原作者:藍雲舒

 

第16話 皇太子の賭け

 

豆子が尚服局で働くことになり、卓錦娘は尚服局でトップクラスの腕前をもつ阿碧と競わせることにしました。卓錦娘は、豆子がこの勝負に負ければ不禄院に戻るように言います。

尚服局の人たちが注目するなか勝負が始まりました。繡女たちは仲間の阿碧に勝って欲しいと思っています。阿碧は本物かと思うくらい素晴らしい刺繍を完成させました。宮女たちは驚きました。ところが豆子の刺繍を見て更に驚きます。

卓錦娘は豆子の勝ちを宣言しました。豆子は尚服局の首位の座を獲得しました。ところが豆子は阿碧の地位を奪ったことで尚服局の繡女たちから妬まれます。豆子は卓錦娘に頼んで阿碧に次ぐ二番目の地位にしてもらうことにしました。

ある日。豆子は市場で糸を買う役目を与えられました。皇宮を出た豆子は安家に行きました。阿霓は豆子(玉児)との久しぶりの再会に大喜びです。でも叔父に会うと宮中に戻してくれなくなるのではないかと思って会いませんでした。

豆子は裴行倹への訴えを撤回するため、美しく着飾って阿霓とともに四門学に向かいました。ところが裴行倹が不在だったので手紙を残して戻ることにしました。

裴行倹が戻ってきて豆子が訪ねてきたと知り、慌ててあとを追いかけるのですが。

 

第17話 笑顔の仮面

 

夜中。陳参軍は甲冑を運びました。莫坤はその様子を見ていました。

しかし曹王 李明は甲冑の運搬を知られたことに気がつきます。そこで逆に皇太子を陥れてやろうと考え、密かに積荷の中身を入れ替えるのでした。

莫坤から話を聞いた裴行倹は甲冑の件を皇太子 李治 に報告します。

ところが裴行倹はどうも様子がおかしいと思い、もう一度調べ直しました。すると甲冑には「東宮」の文字があり、陥れられたことがわかりました。

皇帝 李世民は後宮の妃嬪や皇子たちをよんで盂蘭盆会をひらいていました。皇太子はこの機会に甲冑のありかを皇帝に報告しようとしました。でも武媚娘が話を遮りました。

あとで皇太子は武媚娘から事情を聞き、自分が陥れられそうになっていたことを知り彼女に感謝するのでした。

計画が失敗に終わった曹王は激怒。楊妃は息子の行いを知り止めるように言いますが、曹王はききません。

曹王は皇太子を鹿狩りに誘いました。曹王は何かしてくるだろうと思った皇太子は裴行倹に同行を依頼します。鹿を見つけて追いかける皇太子。ところが狩り場には刺客が送り込まれていました。

盂蘭盆会(うらぼんえ):地獄に落ちた(かもしれない)人を慰める仏教の行事。

第18話 正体のない毒

皇太子 李治は命は助かったものの、曹王の策略で深手を負った。曹王の息がかかる太医院の医師は信用できないが、治療は必要だ。

武才人が信頼できる医師を皇宮外から呼び寄せ、矢に毒は使われていないことが分かった。

しかし、傷は薬でいったん回復し始めたものの、数日で悪化し、癒える気配がない。矢に毒はなかったはずだが、その症状は毒によるもののように見える。原因を突き止めるため、裴行倹らが直接傷に触れる薬や紗布を調べると…。

 

第19話 東宮での腕比べ

 

武才人と豆子と裴行倹の連携で皇太子の傷は徐々に癒え、体力も回復してきた。しかし、再び曹王に命を狙われることのないよう、回復は内密にし、重体を装い続ける。

腕比べで裴行倹が勝利を収めさえすれば、皇太子の身辺も多少安全になるはずだ。

曹王が東宮に送り込もうとしている蒲巴弩は、武術の実力においては裴行倹の敵ではないが、東宮に間者を送り込む機会を曹王がみすみす手放すわけがない。

腕比べは裴行倹の優勢で進んでいったが…。

 

第20話 惹かれ合う心

 

蒲巴弩との力比べに勝利した裴行倹だったが、傷を負ってしまい、床につく。

もうろうとした意識の中、玉児のことを心配し、彼女の名を呼び続ける裴行倹。一方、豆子(玉児)は負傷した裴行倹の無事を祈り、彼そっくりの人形を相手に自分の想いを語りかけていた。

盂蘭盆会を控え、妃嬪たちは当日に着る衣づくりに忙しい。卓錦娘は楊妃に図案を提示するが、楊妃はどれも気に入らない。

一方、武才人は自分の衣の担当者に豆子を指名する。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました